オペラ好きな看護師のブログ

オペラ好きな看護師のブログ

MENU

オペラの魅力

オペラというと何となく難しそうとか、堅苦しいとか、敷居が高いといったイメージを持つ方が多いです。しかしそのようなことは決してなく、簡単に言うとオペラは音楽で進行する劇で、そのストーリーは純愛・悲恋・不倫・殺人事件など、馴染みのあるテレビドラマと同じなのです。ロミオとジュリエット・ヘンゼルとグレーテル・シンデレラ・鶴の恩返しなど、誰もが知っている作品があります。オペラの魅力を少しでも知ることで、オペラを身近な存在として感じられます。

 

歴史を理解するとオペラの魅力も知れる
16世紀の終わりにイタリアからオペラの歴史がはじまるのですが、そのきっかけとなったのは理想とする芸術をギリシャ劇の再現で試みたことです。この時代はまだ照明やマイクというものがなかったので、観客に声を届かせる工夫がいろいろと施されていきます。そのひとつが劇場の形ですし、響く声を出せるように練習を重ねた歌い手の努力です。マイクが登場した現代でも劇場ではマイクを使わないのはこのような歴史があるからで、このような歴史があったからオペラ独特の歌になっているのです。そして、それがオペラの魅力のひとつであり、観客を魅了する要因になっているのです。

 

娯楽という一面があることもオペラの魅力
オペラに対してのイメージも様々ですが、意外にも日本の歌舞伎に近い娯楽といった一面があるのです。オペラは直接的に語りかけてくるもので難しく頭で読み取るものではなく、力強い歌など初心者でも感じることができるのです。それが娯楽と言える点であり魅力と言える点なのです。また、オペラで描かれる内容が時代毎に異なってくることにより、その時代のヨーロッパの様子などを垣間見ることができるのもオペラの面白いところでもあり魅力のひとつです。その時代やその国の人々の価値観などが伝わってくる点は、日本の歌舞伎に近いものがあります。

 

音楽の力がオペラの魅力
オーケストラと歌が一体になり、喜び・悲しみ・怒り・絶望など単なる台詞だけでは伝えられない人間の思いを表現する音楽の力がオペラの魅力です。ミュージカルと同じではという疑問も生まれますが、基本的にマイクを使用しないオペラ歌手は、ベルカントという独特の発声法なのでミュージカルとは違いがあるのです。また、同じ演目であっても歌手が違えば声も音楽性も違いますし、指揮者やオーケストラが違っても同じことが言えます。そして演出家が違えば別世界になってステージごとに違う感動があり、それを支える音楽があることがオペラの魅力になって何百年も愛され受け継がれているのです。

夜勤勤務を避けたい場合

派遣看護師として働くことのメリットの中には自由に就業時間を決めて仕事をすることができるというメリットがありますが、そのため夜勤勤務を外して仕事をしたい場合でも夜勤をしないで仕事をすることができるようになっています。

 

夜勤で働くと給料は高くなるのでお金の面ではメリットが高くなっていますが、体に対してかかる負担が大きくなっているので若い頃は何ともなくても年を取ってくると体が疲れやすくなることや気持ちの面で不安定になることがあります。

 

看護師の仕事をメインにしているのであれば調整することもできるかもしれませんが、空いた時間を使って仕事をしたいという場合には少々不安が残ると思うので、派遣看護師として働くことのメリットは高くなります。

 

派遣看護師として働くためには派遣をしてくれる会社に登録しなければなりませんが、そこから給料をもらって福利厚生などを受けることができるようになっているので、派遣される先というよりも登録する派遣会の方が大切です。
参考: 常勤から転職の派遣看護師・派遣ママナースの仕事と子育てブログ

 

昔に比べると派遣として働く以外にもさまざまな方法で仕事をすることができるようになりました。それぞれの働き方にメリットやデメリットがあるので自分が働きたいスタイルを考えてそれに沿った就業ができるようにすることが仕事を続けることができる条件とも言えるでしょう。

 

また、派遣看護師として働く場合はスポットでの働き方や長期雇用タイプなどもあるので働きたい期間から選ぶこともできます。

人間関係の構築が苦手な人

看護師の離職率は高いと言われていますが、仕事内容がハードであるというのが離職する人が多い理由としてあるものの、職場の人間関係が原因となって離職するケースも少なくなくありません。

 

看護の職場になると同僚や管轄する医師、そして患者というさまざまな立場の人が混在しているわけなので、そこで摩擦が起こって人間関係に傷ができるのも致し方ないことだと言えます。

 

そんな人間関係の煩わしさから離れて仕事をしたい場合に派遣看護師として働くメリットがありますが、特にスポットタイプの仕事を軸に入れていくことによって人間関係が構築される前に他の仕事に移ることができます。

 

短期間で仕事を辞めるのは長続きしないとマイナス評価になってしまうため、これから転職がしたいという場合に足枷となってしまいスムーズな転職ができないこともありますが、派遣看護師として仕事をする場合であれば問題なく他の職場を転々とすることができるので、将来的に転職や正規雇用として働きたいと考えている場合もスキルアップのために派遣として働いてきたなどのアピールをすることによって対応することができます。

 

また、派遣看護師としての仕事の方法には紹介派遣型や正社員登録制度などもあるので、将来的に正社員として仕事がしたいものの、いきなり正社員として働くことには抵抗を覚えるような場合はこうしたタイプの就業をすることによってあらかじめ仕事の流れが見えてくると思います。

仕事の経験値を増やしたい人

日本に住んでいる以上は勤労や納税の義務が生じるので、よほどの理由がない限りは義務を果たす必要がありますが、勤労については非常に自由な働き方が可能になっているので正社員として働く方法だけでなく自営業として働く方法や派遣看護師やアルバイト、パートとして働く方法などがあります。

 

どの方法の働き方にも一長一短がありますが、派遣看護師として働く場合のメリットとしてはスポットを中心に仕事をすることによってさまざまな働き方ができるという点で、これによって仕事の経験値を増やすことができるメリットがあります。

 

また、いろいろな仕事を経験することができるというのも派遣看護師として働く上でのっメリットになっていますが、派遣として働く場合にスポットだとさまざまなタイプの仕事が待っているので経験が多い方が柔軟に対応することができるという点で経験値が多い方がメリットは高くなっています。

 

ただし、派遣として働く場合は同じところで長時間働くことができないので、十分に慣れないうちに他の仕事をするという流れになることによって仕事に慣れないまま変わるということも十分に考えられます。

 

また、この場合だと間接雇用という形態で仕事をすることになるので給料をもらうのは登録している派遣会社になりますが、福利厚生が充実しているところもあれば給料が低く福利厚生がないよなところもあるので明暗は派遣会社の登録をする段階で決まっている側面もあります。

残業を避けたい場合

サービス残業という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは本来の就業時間は終わっているのに無償で仕事をすることを言い、看護師業界だけでなくほとんどの業界でサービス残業は常態化していると言われていますが、他の人がサービス残業をする中で自分は先に帰ることができないということで連鎖が起こることも少なくありません。

 

残業に対しての対価が支払われるのであればまだ良いのですが、サービス残業だとそうはいかないので時間を無駄に使ってしまうことにも繋がるため、そのような状態を避けたいのであれば派遣看護師として働くという選択肢があります。

 

派遣看護師として働く場合は基本的に指定されていた時間通りの就業になり、働いた時間がそのまま給料に反映されることになるためサービス残業をして働くということは少なくなっています。

 

また、不当な就業を派遣先から強要されるような場合は登録している派遣会社に相談することによって問題の解決を図ることもできるので、そういった面でも派遣看護師として仕事をするメリットは高くなっています。

 

昔に比べると派遣看護師として仕事をする人は増えている傾向にありますが、何と言っても自由な就業をすることができるのはメリットになっており、給料の単価も高くサービス残業を避けられるのもあります。

 

ただし、安定して仕事がこない可能性があるなどのデメリットもあるのでメリットやデメリットを総合的に考えて働き方を考える必要もあります。

ステップアップ資格の取得を目指す人

看護師に関連した資格はたくさんありますが、一定期間以上働くことによって受験資格を付与してもらうことができるタイプもあるので将来的にステップアップを目指しているのであれば上位資格を目指すというのも方法としてあり、給料や待遇の面ではもちろんのことですが、自分のスキルアップという点から考えても非常にメリットがあります。

 

派遣看護師として働く場合のメリットとしては自由なスタイルで働くことができるという点がありますが、派遣看護師として働いている場合についても就業の経験値にはなるので、何年以上の就業がないと試験を受ける資格がないという場合についても安心して仕事をすることができます。

 

ステップアップ資格にはいろいろありますが、保健師や助産師などは働く条件も良くなっているので少し違った分野で働きたいと考えている人が狙う資格としてはかなりおすすめです。

 

また、それ以外にも看護師としての専門的なスキルを向上させたいという場合は専門看護師や認定看護師を目指す方法もありますが、ある分野に卓越していることが証明されるため、その部署での管理業務などを任されることも多くなります。

 

派遣看護師として働く場合もスキルや資格がある方が働きやすい場合も多いため、そうした面から考えてもステップアップを目指すことの意味はかなり大きいと言えますが、働く場合はそれぞれの派遣会社で条件は異なっているのでその点には気をつけて仕事をしましょう。

仕事復帰を検討している人

看護師は全体的に見た場合に男性よりも女性の割合が多くなっているので、どうしても出産や結婚などをきっかけとして離職をする人や休職をする人が多く、しばらく休むことによって仕事にブランクが生まれるので復帰する場合に元の働き方ができるまでに時間がかかることもあります。

 

せっかく仕事に復帰したとしても仕事に慣れない状況だとなかなか戻ることはできませんが、仕事に少しずつ慣れるという意味を考えても派遣看護師として仕事に復帰することのメリットは高く、最初は短い時間から少しずつ仕事をすることに慣らしていくことで本格的な復帰を目指すことができます。

 

派遣看護師として働く場合はさまざまな就業スタイルで仕事をすることができるようになっていますが、短い時間でスポットバイトのような働き方や派遣としての仕事も可能になっています。

 

就業の方法にはいろいろありますが、派遣として働く場合だと自分の生活スタイルに沿って仕事をすることができるので、仕事に調整が効くという点では非常にメリットが高いと言えます、

 

また、正社員など直接雇用として働く場合は直接的に給料を貰うことになりますが、これが派遣による就業の場合は登録している派遣会社から給料が支払われることになるので、同じところで働く場合にさまざまな雇用形態の人が混在している場合は同じ仕事をしていたとしても給料の支払先が異なっていることによって貰える給料は違いが出てくることもあります。